ja

Google Chat 連携のアップグレードと FigJam: 2022年 6月の Asana の新機能

Asana では、チームの集中と連携に全力を尽くしています。アプリケーション間のスムーズな連携も Asana が大事にしていることの一つです。

ご存じのとおり、複数のツールを切り替えながら働くと生産性は下がってしまいます。2022年版「仕事の解剖学」インデックスによると、ナレッジワーカーは 1 日あたり 9 個のアプリを切り替えながら働き、それが集中力の大きな妨げとなっています。

幸い、このデジタルオーバーロードと戦う手段は存在します。今月、Asana は Asana パートナーの輪を広げ、コンテキストの切り替えによる集中力低下を防ぎ、効率を高める新機能をいくつか追加しました。

Google Chat との連携でメッセージを強化

ダイレクトメッセージやグループチャットをさらにレベルアップさせましょう。アップグレードされた Google Chat との連携機能を使えば、会話から離れることなくチームとコラボレーションし、仕事を前へと進められます。Google Chat から直接 Asana のタスクを作成、更新し、プロジェクトの通知を受け取り、関連情報の共有を行いましょう。

FigJam のウィジェットでアイデアをアクションに変換

斬新でクリエイティブなアイデアのために人々が集まって話し合うのはすばらしいことです。しかし、次のステップが明確でなければ、ブレーンストーミングの意味がありません。

FigJam の Asana ウィジェットを使ってみましょう。プロジェクトの計画を立てる場合も、チームと意見交換するだけの場合も、Asana のプロジェクトやタスクを直接 FigJam のオンラインホワイトボードにインポートしたり、FigJam で作成した付箋 (スティッキーノート) を Asana のタスクに変換したりと、アイデアをアクションアイテムへと変換できます。

特権管理者のコントロール強化

特権管理者の方は、もう「アプリ」タブについてご存じでしょうか。これは、組織の Asana ドメインとどのアプリが連携し、使用されているか確認できる新機能です。確認のほかにも、アプリや個人アクセストークン (PAT) 使用の許可またはブロックを行い、重要で安全なツールにのみ権限を付与できます。

最新情報をチェック

Asana のリリースノートでは、毎月リリースされる大小さまざまな新機能やアップデートをご紹介しています。

この記事は英語フランス語ドイツ語ポルトガル語スペイン語でもお読みいただけます。

Would you recommend this article? Yes / No